これで困らない!

これさえ知っておけば安心!プレイ人数の幅が広いゲームまとめ

width

こんにちは!冬でも薄着、たかとらです!
突然ですが、みなさんは人数が合わずにせっかく用意したゲームが遊べずに意気消沈したことはありませんか?

「5人で遊ぶ予定だったからこのゲームを持ってきたのに、1人増えて6人になっちゃった!あ、このゲーム5人までだ!せっかく持って来たのにー!」

という状況です。僕はあります。

できる限りそのような状況にならないように、プレイ人数が多少前後しても楽しく遊べるゲームたちを紹介したいと思います!

ハイパーロボット(1人〜∞人)


これこそキングオブプレイ人数幅の広いゲーム「ハイパーロボット」
1人からプレイできて、なんと上限はありません!1〜∞(無限)
箱は大きいですが、常に持ち歩きたいですね。

ワインと毒とゴブレット(2人〜12人)


4〜6人で基本ゲームを遊ぶことができますが、2〜3人、7〜12人用のルールも用意されており、どちらのルールで遊んでも楽しむことができます!プレイヤーのことを考えてくれている親切設計がありがたいです。

ニムト(2人〜10人)


大人気カードゲーム。
人数がいればいるほど楽しくなりますが、4人もいればしっかり楽しめます!じゅうぶんプレイ人数の幅は広いと言えるでしょう!

ライムパーティ(2人〜10人)


何人でも楽しめるパーティーゲーム。
10人以上に人数が増えても、オーディエンスとして楽しめます!

ロストテンプル(2人〜9人)


ボードを使うゲームにしてプレイ人数の幅も広い。
まさにこの記事のために存在するようなボードゲーム。

コルトエクスプレス(2人〜6人)


最大人数は6人とそこまで多くありませんが、少ない人数でもそこまでプレイ感がかわらず楽しめるゲームです。
3人いればこのゲームを提案するのもいいですね!

コヨーテ(2人〜10人)


通常通りゲームを続けていっても、最後は2人になるゲーム。最初から2人でももちろん楽しいです!

いかがでしたか?

持ち運ぶには大変なものもありましたが、これらのゲームを覚えておけば、ボードゲームカフェに遊びに行ったときなんかでもプレイ人数に悩まずにすぐ遊び始めることができます!
すべてJELLY JELLY CAFEでも遊べるゲームですので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

たかとら

ノリと勢いでなんでもそつなくこなす、スタイリッシュ非リア充。日々自分がかっこよく見える角度を研究中。オーナー曰く、いい意味で人たらし。
他の執筆記事はこちら

LINE@で最新情報をGET!

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

thegame

ザ・ゲーム

ゲームのルールはいたってシンプル!全員で1〜100までのカードを並べ切りましょう。
しかし、他者の手札は公開されていないので、うまく相手に自分の手札を伝えコミュニケーションを取らなければいけません。協力型の手軽なカードゲームなので、初心者の方にもオススメのゲームです!

minmin
このゲームを詳しく見る
ジェリー大賞2016ジェリー大賞2016