クトゥルフ神話+ボードゲーム=流行ってる?

クトゥルフ
「パンデミック:クトゥルフの呼び声」発売!

こんにちは、池袋店スタッフのふかつです。
ということで、やってきました。クトゥルフ神話のお時間です!

実はJELLY JELLY CAFE池袋店って、クトゥルフ神話系統のゲームって置いていなかったりします。
「店にないゲームの話をされても……」とは思うかもしれません。

しかししかしです!

今年だけでも続々とクトゥルフ神話ボードゲームの話題作が出てきております。
この記事が伸びれば!池袋店にも!クトゥルフが!
乗るしかない、このビッグウェーブに!

ということで、今年に出たクトゥルフ神話を組み込んだボードゲームをいくつか紹介いたしましょう!

ところで、クトゥルフ神話って?

ハワード・フィリップス・ラヴクラフトというアメリカの作家が作り出した「宇宙的恐怖(コズミックホラー)」を題材にして作られた創作ジャンル……シェアワールドです。
有名なところですと、ギレルモ・デル・トロ監督の「パシフィック・リム」や、スティーブン・K・キング原作の「ミスト」という映画などが、クトゥルフ神話に影響された作品と言われています。日本の作品で言えばライトノベルの「這いよれ!ニャル子さん」が有名でしょうか。
簡単に言えば、私たちが普段知覚できるわけもない、得体の知れない化け物たちがこの地球や宇宙に存在しているような、そんな世界のお話というわけです!

では、時系列順にボードゲームを紹介していきましょう!

ラヴクラフト・レター

4月9日にアークライトゲームズから発売されたラヴクラフト・レター!

あの人気ゲーム「ラブレター」を元としてつくられたゲームで、ラブレターの要素に、クトゥルフ作品らしい「狂気」を組み込んだゲームです。
池袋のニコニコ本社でイベントが行われたくらいに話題になったりしてました!

翠色 エメラルド の習作

6月4日に発売!こちらもアークライトゲームズからの出版です。ニール・ゲイマンというイギリスのSF作家の小説が元となった作品で、日本語訳も同名で翠色 エメラルド の習作というものです。

19世紀末のビクトリア朝が時代となっている、デッキ構築型の正体隠匿系ゲームです。
副題はなんと「ホームズVSクトゥルフ」
これが面白くないわけがないじゃないですか!

エルダーサイン改訂2版

7月23日、こちらもアークライトゲームズからの発売!
新作ではなく、なんと改訂版となります、エルダーサインです!

ルールの細部を改定し、よりわかりやすく、面白くなった改訂2版。
ルールとしては協力型ボードゲームとなっていまして、邪神の復活をプレイヤー全員で阻止し、封印するのが目的のゲームとなっています。
出てくる能力や用語はクトゥルフ神話TRPGをプレイしたことのある人にとっては馴染み深いかも……?

パンデミック:クトゥルフの呼び声

8月4日発売! ホビージャパンから発売されます、パンデミック:クトゥルフの呼び声です!

あのパンデミックがクトゥルフ神話となって発売するわけですね。
5月の東京おもちゃショーで発表されてから、度々話題に上がっていた作品だと思われます。

「テケリ・リ!」で有名なショゴスが出てきたり、舞台がニューイングランドであったりと、クトゥルフファンであれば王道を往くような単語が多く見受けられます。

この記事を書いているのは8月1日ですが、きっとJELLY JELLY CAFEにも入荷してくれるに違いありません……! 頼みますオーナー!

いかがだったでしょうか?

今年に入って早8月、だというのにクトゥルフのビッグネームが4作も出ているわけです。
昔からちょくちょくとクトゥルフ系統のボードゲームは出てきておりましたが、ボードゲーム業界が盛り上がっている今だからこそ、話題に上がっているのだとも思います。

ぜひとも、皆様方には「クトゥルフ神話」という深淵を覗いていただき、引きずり込まれて欲しいです!

そして、この名状しがたき記事をご覧いただいたあなた方ならば理解はしているはずです。
この記事のPV数が今後店に置かれるゲームを左右しているということを……!!

ふかつ

個性が欲しいため常に頭に何かをかぶっている。ダイスに弱いがTRPGをよくやる。
他の執筆記事はこちら

LINE@で最新情報をGET!

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

thegame

ザ・ゲーム

ゲームのルールはいたってシンプル!全員で1〜100までのカードを並べ切りましょう。
しかし、他者の手札は公開されていないので、うまく相手に自分の手札を伝えコミュニケーションを取らなければいけません。協力型の手軽なカードゲームなので、初心者の方にもオススメのゲームです!

minmin
このゲームを詳しく見る
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ジェリー大賞2016ジェリー大賞2016